フケ・かゆみの大きな原因は何?

●フケ・かゆみの大きな原因は何?

 

ilm17_ca05007-s頭皮がかゆかったりふけが出たりと頭皮トラブルを抱える人は大勢いらっしゃいます。

 

かゆみの大きな原因は頭皮の乾燥にあります。

 

シャンプーのやりすぎや、逆に洗う機会が少なすぎて頭皮に汚れが溜まり細菌が繁殖してかゆみを起こすことがありますので、丁寧に洗い、皮脂を取りすぎないシャンプーを心がけてください。

 

フケは角質細胞でありターンオーバーとともに落ちる物ではありますが、それは通常は視界に入らないものです。

目に見える大量のフケというのはターンオーバーが正常に出来ていない証拠です。

 

コレも大きな原因は頭皮の乾燥ですのでシャンプーのやり方が重要となってきます。

 

適度な水分を残しつつ汚れもしっかりと落としてくれるシャンプーは「アミノ酸系の育毛シャンプー」が良いでしょう。

 

●女性用フケ・痒み防止シャンプー

 

rinkoi

 

アミノ酸系シャンプーは適度に落として刺激は少なく、育毛シャンプーは頭皮のことを考えて作られたものなので頭皮の状態を改善したいのであれば育毛シャンプーなど専門的なものが確実です。

 

シャンプーは頻繁に行う物なので自分に合った物を買うのが一番ですが、とてつもなく安いシャンプーは合成界面活性剤が多く、それが頭皮を害することもあります。

 

香り重視のシャンプーは洗浄力が弱いこともあるのでトラブルを抱える人は効率性重視の専用シャンプーを選んだほうが良いです。

 

●男性用フケ・痒み対策シャンプー

 

mongo

 

どちらにしても、良いシャンプーを使っても乱暴に洗髪したのでは意味がありません。

 

最初に汚れを落としておいて水洗いして汚れを落とした後にしっかりとあわ立ててシャンプーを使ってマッサージするように洗髪してください。

ふけの悩みに効果のあるシャンプーはコラージュフルフルネクスト

ふけは頭皮の状態が悪いときに出ます。

状態が悪いというのは、頭皮の水分がなくカサカサにかさついてかゆみがあります。

 

掻くためたくさんの頭皮が剥がれ、皮膚の再生がうまくいかなくなっている状態を言います。

 

痒みがあまりに酷く、出血を伴うほどの場合は皮膚科に受診しそうだんすることが大切です。

ふけに効果のあるシャンプーはいろいろありますが、おすすめはふけの原因菌にも効果のあるシャンプーです。

 

コラージュフルフルネクスト」というシャンプーは、頭皮の原因菌に効く成分が配合されているので頭皮の状態が整います。

 

どうしても、頭皮には湿度と温度があるためカビ菌などが繁殖しやすい状況にあります。

洗い流すだけではなく薬効成分が配合されていると、効果的に治すことが出来ます。

 

シャンプーの量は多すぎるとさらにふけの原因になるので、少量使いしっかりとすすぐようにします。

乾燥するタイプと脂性ふけのタイプがありますが、乾燥する頭皮は洗いすぎないことが大切です。

 

髪を洗う時に頭皮を指の腹で洗うようにします。

爪を立ててごしごししたくなるかもしれませんが、頭皮を傷つけて皿にふけが悪化してしまいます。

 

脂性タイプの頭皮は、お湯で最初に素洗いしてからシャンプーを使うと効果的に洗うことが出来ます。

 

シャンプーを選ぶときには薬用であること、添加物がなく低刺激であることが重要です。

食生活や睡眠も見直し髪や頭皮に良い生活を心がけましょう。

女性より男性の方がフケが深刻な理由

まず、女性に比べて男性の方がフケに悩むケースが多いのには2つの理由があると言われています。

1つは男性は女性に比べて皮脂の分泌が多いため、フケが出やすいというもの。

 

そしてもう1つは、男性は髪が短い方が多いため、シャンプーやリンス後の濯ぎを女性ほどしっかり念入りに行わない事が挙げられます。

濯ぎをしっかりせずにいると、それが頭皮に張り付きフケや痒みの原因となってしまいます。

 

おでこの生え際は襟足付近などにニキビがよく出来る方というのは、この濯ぎがきちんとされておらず洗い残しがある事が原因と考えられますので、まずはちゃんと洗い切る事を心掛けるようにしましょう。

その上で、男性用のフケや痒みを抑えるシャンプーを使うのはよいと思います。

 

ただし、過剰に皮脂を洗い流す事によって返ってフケや痒みを誘発する事もあるので注意が必要です。

 

一般的に男性用と括られているフケや痒み防止のシャンプーは洗浄力が高いと言われているので、男性が好むようなメンソール系の香りや洗い上がりのさっぱり感を特に求めていない方は、男性用という枠に捉われず幅広い商品の中から、ご自身に合ったものを選ぶのがよいでしょう。

 

また、乾燥によるフケの発生が考えられる場合には、保湿力の高いものを選ぶのも効果的です。

保湿成分が多いとそれが皮脂となってフケになると考える方もいらっしゃるかも知れませんが、乾燥が原因であれば保湿をする事で症状が改善される事も多いです。